会員のみなさま向け

災害支援活動の取り組み

災害支援基金

平成23年3月に発生した東日本大震災は、東北地方を中心に大きな被害をもたらしました。全国社会就労センター協議会(セルプ協)と日本セルプセンター(日本セルプ)は協同して被災地支援活動に取り組みました。
その時の被災地支援活動の経験に基づき、平時から突発的な災害を想定し、万が一の際の被災地支援活動に活用する資金として「災害支援基金」を設けました。
「災害支援基金」はセルプ協と日本セルプからの拠出の他に、両組織の会員施設・事業所からの「きずな会費」を財源として運用しています。
東日本大震災以降も、各地で大規模な災害が発生しており、皆様のご協力で運用している「災害支援基金」により多くの事業所への支援活動を展開することができています。

これまでの支援実績

年度 災害名 支援内容
平成28年度 熊本地震 熊本県・九州ブロックセルプ協に各100万円
※災害支援基金からの支援以外に、義捐金による支援も実施
平成29年度 大分県大雨災害 1施設 75万円
平成30年度 台風21号災害 1施設 5万円
北海道胆振東部地震災害 4施設 計20万円
令和元年度 台風19号災害 3施設 計155万円

※支援金額は被害状況により変動します。

ページTOP